Hello world!

ドローンは無人航空機であり、広い意味では航空機の一種です。航空機は日本では航空法により、「人が乗って航空のように供することができる機器」とされ、いわゆる無人機は航空機に含まれなかったが、2015年12月からの改正航空法の施行により、無人航空機は「航空の用に供することができる飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船その他政令で定める機器であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦(プログラムにより自動的に操縦を行うことをいう)により飛行させることができるもの」と新たに規定され、その日鉱ルールも定められました。


航空機は日本の法規では、空気よりも軽い軽飛行機、すなわち飛行船と、空気よりも想い重飛行機に分類されます。重飛行機は回転翼航空機(ヘリコプターなど)と、固定翼航空機に分類され、固定翼航空機は滑空機と飛行機に分類されます。無人航空機(ドローン)も同様に、遠隔操作、または自動操縦が可能な、飛行船、回転翼機、滑空機、飛行機に分類されています。現状普及している小型無人航空機は4つ以上のプロペラを利用したマルチコプターで、回転翼無人機に分類されます。4枚プロペラのマルチコプターはクアッドコアコプターと呼ばれ、機体構造によってX型とH型に分類されます。プロペラが増えた場合、ヘキサコプター(6枚プロペラ)、オクトコプター(8枚プロペラ)と呼ばれることがあります。


ヘリコプターに関しても、メインローターとテールローターを持つものは「シングルローター式」と呼ばれます。
2枚のローターを用いた「タンデムローター式」には、同軸反転式、タンデムローター式、交差双ローター式などがあります。
無人ヘリコプターとしては、シングルローター式と同軸反転式が普及しています。

1件のコメント

WordPress コメントの投稿者 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です